出産祝いの相場は一万円程度で、現金とグッズの贈り物が喜ばれます。

出産祝いの相場は一万円程度で、現金とグッズの贈り物が喜ばれます。

親族や友人に子どもが生まれた場合、出産祝いとして贈り物をすることがありますが、相場は1万円〜2万円程度となっています。
現金や商品券の場合は、色々と物入りな出産後の費用に回すことができて助かりますが、子ども用の食器セットやスタイなどのベビー服、名前入りのバッグや記念品を贈った場合には、写真や動画に子どもと一緒に映り込んで、いつまでも記録や思い出に残ることになります。
最近の出産祝いは、相場の半額を現金や商品券で、残りの半分を思い出に残るようなベビー用品で贈る方法に人気が集中しています。
出産祝いは子どもに対するお祝いの品でもよいですが、親しい友人であれば出産の苦労をねぎらうために産んだ側の母親に贈り物をすることも喜ばれています。
ミルクやおむつを大量に入れても軽くて持ち運びに便利なマザーバッグや、目隠しがついていて気兼ねなく授乳できるワンピースなど、育児に便利なグッズが入ったセットも相場の1万円程度から販売されています。

本当に喜ばれる出産祝いとは?

今友人や知人が出産をしたのを機会に出産祝いを贈る人は多くいます。出産祝いは自分で選ぶことができ、どれを贈ろうか悩む人も多くいます。何を贈るかは相手によって変えることも可能で、王道ではおむつケーキなどが挙げられます。おむつケーキをもらって喜ぶ人もいれば知らない人がべったり触って作ったおむつケーキは使用することができないという考えをもった人もいます。
したがって相手がどのような考えを持っているかということを事前に調べる事は重要です。
その他のプレゼントとしてすぐに作ることができる即席味噌汁などを贈ることも一つの方法です。子供を育てているととても忙しく、ゆっくりと料理を作ることができないといったこともあります。そんな忙しいときでもすぐに料理として作ることができる即席味噌汁は朝ごはんとしても食べることができるため、人気があります。また赤ちゃんのお洋服やおもちゃ、出産を頑張ったお母さんにお祝いのプレゼントとして贈ることも人気があります。
その他で一番無難なのがお祝いとして金銭を渡すことがあげられます。新生児が生まれた場合ミルク代やおむつ代など様々な用品にお金がかかります。
したがって赤ちゃんが生まれたときにかかる費用を補うことができ、本当に使用するものを購入する費用として使えるので最も確実で誰にでも喜ばれる出産祝いとなります。どのようなプレゼントを贈るかはその人次第です。一番大切なことはお祝いの気持ちを込めてプレゼントを選び、相手に贈ることです。それが一番の贈り物となります。

注目サイト

市川で物流アウトソーシングを考える
鍵 交換

Last update:2019/2/20